ポキポキ音は、骨のこすれる音ではありません!!

ポキポキ音は、骨のこすれる音ではありません!!
関節を鳴らす時に起こる現象、これをキャビテーションエロージョンと言うらしいです。
骨と骨の間には、関節包という軟らかい組織で周りを覆った袋のようなものがあり、その中に関節液が入っています。また、関節包は関節を密封しています。
関節を旺盛に動かすと、関節の中の関節液に小さな気泡を生じるのがそもそもの原理です。

ポキッと鳴る音は、実はこの気泡が破裂するときに生じる音なので、その関節の位置関係を互いに引っ張り合い、関節内の圧力環境に減圧が生じると、気泡が限界を越して破裂するのが、ポキポキ音の正体です。
気泡が破裂すると、関節面に衝撃波を生じ侵蝕してその力は、一瞬にして1平方cmあたり1トンの力が出ます。
怖いですね。。。

鳴らすことは、気分的に良く感じるでしょうが、肉体的には関節が、節々が横に広がったり、関節軟骨を破壊したり、また関節そのものを破壊し続け、激痛や関節水腫など起こる可能性があります。
例えば、首の場合、首をいつもコキコキ鳴らしたがる人をよく見かけますが、その度に関節や組織を破壊し続け、段々ルーズニングが生じて少し動かすだけでもコキコキ鳴るようになり、限界が来て不調になり病院に行ったころには「変形性頚椎症」と診断されたと言う事を聞いたことがあります。

観空庵では、ポキポキしません!
足うらマッサージでも、テレビで行うような、まるで罰ゲームのような痛い施術は、一切しません!
貴重なお金を出して体に悪かったり、痛い思いをするのは損です!

来院されるお客様が、気持ちい手技にて、それに伴ない自己治癒能力を引き出す施術を大切にしています。

(*^_^*)

広島ブログ
[PR]

by kankuuan | 2009-05-14 20:09 | 整体 | Comments(0)  

<< 春 当たり前の事ですが。 >>