肩こりって 何者??

人間は、進化の過程で四足歩行から立ち上がり直立歩行するようになって、 約4キロ~5キロある頭を支えることになりました。
さらに肩は、体重の8分の1を占める両腕を支えると共に、肩関節の可動域は、360度回転するなど、体の中で、最も運動量と運動範囲の大きい関節なので、常に緊張を強いられた状態で働いています。

肩がこるのは、悪い姿勢やストレス、過労、体力の低下、老化現象などによって肩の筋肉が緊張し、そのために筋肉にある血管が収縮して血行が悪くなることが原因で起こります。

肩こりが起こるメカニズムは、筋肉の各部に酸素や栄養が 十分に供給されなくなり、 それによって、筋肉がうっ血し コリと呼ばれるしこりや 筋肉に残っている疲労物質が神経を刺激して痛みが発生する訳です。

また、こりや痛みが発生すると肩の筋肉がますます緊張し、血管がさらに収縮して血行が悪くなるという悪循環が生まれ 痛みは慢性化しやすいともいえます。

これらの事により、肩が重いと感じたら、できるだけ早めに観空庵に来られることをお勧めします。

できるだけ早い内にその原因を取り除く事が肩こり対策の最良の方法と思います。

(*^。^*)

広島ブログ
[PR]

by kankuuan | 2009-06-10 19:08 | 整体 | Comments(0)  

<< ハーブエリア チラシ第3弾 >>