関節の痛みの種類

b0165233_15415544.gif

関節の痛み方は、関節がある場所と原因によりさまざまです。
主な関節の痛みの種類を紹介します。

関節の痛み方は、関節がある場所と原因によりさまざまです。
主な関節の痛みの種類を紹介します。

自発痛
動かさないのに痛い。関節の炎症が長く続いたため関節を包んでいる関節包の内側の滑膜がはれて関節液の分泌がふえたためです。
特徴としては、腫れて熱をもっています。

圧迫痛
炎症を起こしている関節を押すと感じる痛み。

寒冷痛
寒くなったり、冷えると関節に痛みを感じます。

運動痛
関節を動かした時に出る痛みです。関節を少し曲げていると痛みが和らぐのが特徴です。

荷重痛
関節軟骨が磨り減って体重がかかったときに骨同士がこすれて起こる痛みです。したがって体重がかかっていなければ痛みません。膝関節・股関節・足関節に現れます。

阻血痛
関節の周囲の血管が狭くなり、その結果、血流が悪くなって酸素が不足して起こる強い痛みがありあります。

心因痛
関節の問題がないのに感じる痛みです。精神的なストレスが原因と考えられてます。

関節に痛みがあるときは、安静が必要ですが、2~3週間以上も動かさないと関節の周囲が硬くなり関節の動きが制限されてしまいます。

強い痛みが引いたら関節を、あらゆる方向に動かす訓練をすることが大切です。

当院では、その人の状態にあった施術とストレッチを行っています。
自分一人では、難しいと思ったらご来院ください。

(*^。^*)
広島ブログ

b0165233_15432285.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-06-28 15:46 | 整体 | Comments(0)  

<< 足がむくむのはなぜ? ゴーヤの実が付きました。 >>