猫背になる理由の一つ

b0165233_13304750.gif


猫背になる理由の一つに、肩甲骨が体の前方向に引っ張られる事でおきる事があります。

肩甲骨が前に向いてしまう理由の一つに、背中の筋肉より胸の筋肉が強くなって、肩甲骨が胸側に引っ張られて、肩甲骨が胸側の方向に移動してしまう事です。

そうなると、背中が丸まり、いわゆる猫背になり、関連する筋肉にストレスがかかり、肩こりや首こり、背中痛、五十肩の原因となってしまいます。

肩甲骨は多くの筋肉によって引っ張られて背中の後ろに張り付いているとイメージしていただければ、判りやすいと思われます。

肩甲骨を支えている筋肉は多くありますが、影響が出る代表的なものをお伝えしたいと思います。

それは、胸の筋肉「大胸筋」の下にある筋肉、「小胸筋」です。

b0165233_1331318.jpg


この筋肉は、肩甲骨の上側から鎖骨の下のアバラについている筋肉で、この筋肉が何らかの原因で縮んだり、硬くなったり、優位に働くと肩甲骨が前に向いてしまいます。

お暇なときにでも、小胸筋あたりを触って頂いて硬ければ、肩こりや首こり、背中痛、五十肩の原因の一つだと思ってください。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_13323277.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-12-05 13:33 | 整体 | Comments(2)  

Commented by ひうらっち at 2009-12-05 18:15 x
大変勉強になります!
Commented by kankuuan at 2009-12-06 00:14
>ひうらっち さま
ご訪問、コメント有難うございます♪
観空庵の記事が、お役に立てて嬉しく思います。
これからも、少しでもお役に立てる記事をお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
(*^。^*)

<< ハマっています。 インナーマッスル >>