失体感

b0165233_2146167.jpg


ヨーガの言葉で、「失体感」という言葉があります。

「失体感」とは、今の体の状態が自分で把握出来ない事を言います。

例えば、背中や肩・腰がパンパンに張っていても気付かない人がおられます。

気付かないで、そのまま放置しておくと

腰の場合は、ギックリ腰

肩の場合は、五十肩

の要因の一つになる事があります。

ギックリ腰にしても、五十肩にしても 発症すれば、

なかなか完治しにくいものです。

早めに肩・腰などに張りやコリを感じられたらストレッチするとか、ストレスの原因となっている

生活環境や姿勢をあらためる事ができ

重度の肩こり・腰痛の症状を避けられる事が出来ると思います。

自分の体を見ると言うよりは、

自分の体を観る!(観空庵の観る・・・ ちょっと宣伝) 

が大切です。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ
[PR]

by kankuuan | 2010-02-24 21:49 | 整体 | Comments(0)  

<< 「コーヒーストーリ」のK子さん... カリフラワーが出来ました。 >>