カテゴリ:整体( 125 )

 

猫背になる理由の一つ

b0165233_13304750.gif


猫背になる理由の一つに、肩甲骨が体の前方向に引っ張られる事でおきる事があります。

肩甲骨が前に向いてしまう理由の一つに、背中の筋肉より胸の筋肉が強くなって、肩甲骨が胸側に引っ張られて、肩甲骨が胸側の方向に移動してしまう事です。

そうなると、背中が丸まり、いわゆる猫背になり、関連する筋肉にストレスがかかり、肩こりや首こり、背中痛、五十肩の原因となってしまいます。

肩甲骨は多くの筋肉によって引っ張られて背中の後ろに張り付いているとイメージしていただければ、判りやすいと思われます。

肩甲骨を支えている筋肉は多くありますが、影響が出る代表的なものをお伝えしたいと思います。

それは、胸の筋肉「大胸筋」の下にある筋肉、「小胸筋」です。

b0165233_1331318.jpg


この筋肉は、肩甲骨の上側から鎖骨の下のアバラについている筋肉で、この筋肉が何らかの原因で縮んだり、硬くなったり、優位に働くと肩甲骨が前に向いてしまいます。

お暇なときにでも、小胸筋あたりを触って頂いて硬ければ、肩こりや首こり、背中痛、五十肩の原因の一つだと思ってください。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_13323277.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-12-05 13:33 | 整体 | Comments(2)  

インナーマッスル

b0165233_16272084.gif


インナーマッスル(深層筋)とは、外からは見られない体の中にある筋肉の事です。

目に見えにくい筋肉なので見落としがちですが、

この筋肉は、関節をしっかり固定し、関節痛などを解消したり、長い時間姿勢を維持する大事な役目をになっています。

また、日常作業やスポーツを行なう際に、安定した動きと体のバランスをとるのに必要な筋肉でもあります。

一般的に、インナーマッスルは、目に見える体の表面についている筋肉、アウターマッスルと親密な関係があり、

両方鍛えていないとバランスが悪くなり、腰痛などの障害の原因となります。

観空庵では、必要となれば、慢性の肩こり、腰痛の人対して、正しい姿勢のアドバイスだけではなく、重要な筋肉であるインナーマッスルを、観空庵オリジナルの図解入り説明書などを使って、出来るだけ、判りやすくお伝えしています。

これは、観空庵の日頃行なっている、O脚矯正、姿勢矯正、骨盤矯正から得たノウハウです。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_16283022.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-12-03 16:29 | 整体 | Comments(2)  

白島と 二葉の里の皆様~~♪

観空庵のチラシを、プチ改良して、

東区以外の白島と二葉の里の皆様の所に

中国新聞の朝刊にチラシを入れさせて頂きました。

さて、、反応は?

ドキドキです。

b0165233_9544454.jpg


★ チラシを詳しく見る ★

そうそう、、この記事を見られた方は、スペシャルコースとソフト整体を初診の人のみですが、

500円割引させて頂きます~~♪

再診の方には、クイズ!!

同じタイプのチラシで2箇所変わっております。

ご正解されますと、日頃の割引に更に500円引きにさせて頂きます。

(*^。^*)
[PR]

by kankuuan | 2009-12-01 10:00 | 整体 | Comments(0)  

足首歪んでませんか?

b0165233_1735142.gif


腰痛・膝痛で来られるお客様の中には、足首関節の硬さが原因の一つである方がおられます。

慢性の腰痛・膝痛の場合、手技にて痛みや関連する筋肉を緩め改善しても、暫くしたら、再び痛くなるのは足首関節の硬さのアンバランスが関係している事があります。

肩こり、腰痛の原因は、姿勢の悪さと一般によく言われておりますが、皆さんは、整体院・接骨院などに指摘されて姿勢を直そうと思ってもなかなか改善されないのは、

正しくない姿勢を長年続けていた結果、足首関節が歪んで固まって、体全体のバランスを崩しているからです。

判りやすい事例は、O脚の方です。ある程度改善されたとしても、気を許せば膝と膝の間が再び開いてしまうのは、足首関節が原因です。

一番怖いのは、足首関節の歪んで固まっている度合いが、右足と左足で違っている事です。

観空庵では、その症状にあてはまれば、理由をご説明し、ご了解を得た上で、足首が痛くなくても足首関節の緩めや、足首運動を加える事があります。

歪んだ足首に関して気になる方は、ご遠慮なく観空庵にご質問ください。

お待ちしております。

(*^_^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1745426.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-11-23 17:05 | 整体 | Comments(0)  

家庭で出来るストレッチや運動。

b0165233_13104890.gif


観空庵では、肩こり、腰痛の原因の一つである姿勢や筋力不足に対して、必要な運動を、自宅で器具も使わず簡単に出来る姿勢矯正やストレッチ、運動を提案しております。

家で一人でするのは億劫だなと思う人に対しては、お望みであれば相談のうえ本来の施術に影響のない範囲にて、スタッフと一緒に行なうことも出来ます。

慢性の肩こり、腰痛などを早く改善させるには、姿勢矯正やストレッチ、運動が有効です。

ご興味があれば、ご来院ください。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_13132012.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-11-21 13:15 | 整体 | Comments(2)  

インフルエンザが警報レベルを超えています!

広島市感染情報センターの情報では、

インフルエンザが警報レベルを越えているそうです。

怖いのは、一般の人には、新型インフルエンザのワクチンの接種は、予定されていません・・・・

根性で感染しないようにしろと言うのか・・?

広島市の接種対象者とスケジュール

観空庵では、お越しになったお客様にマスクを無料で配布しております。

b0165233_116347.jpg


インフルエンザの警報レベルを越えているこの時期、少しでも皆様のお役に立ちたいと思っている観空庵です。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ
[PR]

by kankuuan | 2009-11-15 11:12 | 整体 | Comments(0)  

運動で、膝の痛みを解消しよう。

b0165233_20132516.gif


膝痛の改善の方法の一つに運動療法があります。

その目的は、膝を支える筋肉を鍛え、制限された膝の可動域を広げる事です。

膝の動きが悪く、運動量が少ないと、筋力が低下し、筋肉を動かす為の神経系の機能も低下して、膝への負担だけにととまらず、足首、腰などに影響が現れます。

また、足の筋肉量が減ると、O脚の原因にもなります。

事例としては、変形性膝関節症の人で、階段の上り下りが苦痛だった人が、

加圧トレーニングで筋力が付き、今では元気に歩き回っており、なおかつO脚もなおった人もおられます。

そんなこともあり、2週間に1回は、KOBの加圧トレーニングに通っている観空庵です。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_20123552.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-11-10 20:13 | 整体 | Comments(0)  

腹圧を高めよう!

b0165233_1661866.jpg


腹圧を高めるとどんな効果があるのか?

・物を持ち上げる時に、背骨にかかる負担を軽減させて腰痛予防。
・自然のガードルともいえる、腹筋・背筋・腰周りの筋肉を鍛える事も出来る。
・外部よりの衝撃や打撃に強くなる。
・体の安定がよくなる。
・運動能力が増す。
・体の安定がよくなる。
・運動能力が増す。
・精神を安定させる。

など、日常生活を含めて体にとってプラスに働きます。



腹圧を高めるとは、体の中に、空気を閉じ込めて空気の柱を作る事です。

その空気の柱は、クッションとなり、衝撃や負担を軽減する効果があります。

このような事を、観空庵では、施術の他に必要とあれば、観空庵の作成した図解入り説明書で、ご説明しております。

これは、O脚矯正や、骨盤矯正で培った技術を応用したものです。

ご興味があれば、ご来院になりお聞きください。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1663990.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-11-06 16:08 | 整体 | Comments(0)  

屈筋と伸筋

b0165233_1143599.gif


一般に、体や関節を曲げる役目をするのが屈筋、その反対に体や関節を伸ばす役目を伸筋と呼びます。

腕で例えると、腕を曲げて力瘤が出来るのが、上腕二頭筋(屈筋)で、反対に腕を伸ばす役目を持つ筋肉が上腕三頭筋(伸筋)です。
 
多くの人は、体を鍛えたり、男らしさを強調する為に、上腕二頭筋を意識し鍛えますが、上腕三頭筋を意識して鍛える人は意外に少ないのが実情です。

この鍛え方は、体に悪いです! 屈筋を鍛えるのと伸筋を鍛えるのはセットと考えてください。

屈筋のみ鍛えると、本来のバランスが崩れ、関節やひいては、体全体のアンバランスが生じます。

例えば、腹筋(屈筋)ばかり鍛えてお腹が割れていて見た目凄くても、背筋を鍛えてないと腰痛になってしまいます。

この問題は、腰痛、肩こり、膝痛などの体の支障を起こすだけでなく、運動の障害にも現れます。

よく言われる、「運動オンチ」の人は、屈筋と伸筋の働くバランスが悪くて、運動をする時に、屈筋と伸筋が同時に働いたり、どちらか一方にしか働かない理由で、自分の思い通りの動きが出来ない人なのです。

体を鍛えたり、リハビリをするときには、屈筋と伸筋はセットで鍛えたり強くする事を、お奨めする観空庵です。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1155339.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-10-27 11:07 | 整体 | Comments(0)  

正しい歩き方で膝痛予防 (2)

b0165233_16543964.gif


最近、よく膝が悪い人やO脚の人で、歩き方が悪いのが原因だと思われる人を多くみかけます。

これは、歩くときに足裏の重心移動で、踵から着地し親指の付け根に重心を移し親指で蹴り出すようにして歩くのが本当なのですが、外反母趾や、膝痛、O脚で悩まれている方は、多くの場合、足裏の重心移動の際、踵から着地し小指の付け根に重心を移動してして歩く傾向が見られます。

このことは、靴の減りかたを見ればわかりますが、自分で判らない場合いは、観空庵にお越しいただき、足裏を拝見させて頂ければ、正しく歩いているかどうかがわかります。

この問題を、改善する為、観空庵では、簡単な改善方法を取り入れています。
もし正しくない歩き方をしているのであれば、正しい歩き方をお伝えできると思います。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_16551031.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-10-23 16:56 | 整体 | Comments(0)