カテゴリ:整体( 125 )

 

肩こり・腰痛予防

b0165233_11243150.jpg


肩こりや腰痛でお悩みの方は、多くの場合、影響が姿勢に出ます。

例えば、猫背の人の場合、首こり、背中こりが多く、骨盤が前に傾いている反り腰の方は、腰の根元のあたりが痛いなどです。

姿勢の悪い人は、内臓が圧迫されており、呼吸も浅く、血行が悪くなる傾向があります。。

それと同時に、背骨にかかる重力の負担を軽減できず、腰・膝に負担がかかったり、延髄・脊柱などにも圧迫が増大し悪影響が生まれます。

また、姿勢は、相手に対する自分の印象を左右する大きな要素の一つでもあります。

観空庵では、お困りの症状を改善するのと同時に、正しい姿勢の提案も重視しております。

正しい姿勢は、筋肉や骨盤の位置・肩甲骨の位置など多くの要素が関連しています。

その人に合った姿勢の提案をして、1人でも多くの方が慢性の痛みから解放されれば幸いと思っております。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_11255511.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-10-19 11:30 | 整体 | Comments(0)  

腰痛の予防について

b0165233_11393216.gif


ぎっくり腰などの腰痛を起こしたことのある人は、それまでの日常生活を振り返ってみてください。

同じような生活を続けていると、また腰痛を起こしかねません。

再発を防止する為には、日頃の動作などを見直し、背骨と腰に負担が掛からないような生活を送る必要があります。

たとえば、正しい立ちかたは、顎を引きお腹を引き締めて背筋を伸ばし、重心は親指の付け根に置くのが望ましく 、お腹が出て肩が丸まっていると、腰骨に余計な負担がかかる姿勢になり

ます。

また、ご自分の体のコリを自覚されていない方も多くおられ、その筋肉が固まり、ぎっくり腰、腰痛を引き起こす原因となります。

観空庵では、施術中「このあたりがこってます、自覚してください。」などの声かけや、正しい姿勢の提案などをしております。

再発を繰り返すコリは辛いものです。観空庵はそれらの問題に対し何かのお力になればと思っております。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_11405221.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-10-09 11:42 | 整体 | Comments(0)  

腸脛靭帯

b0165233_18344594.jpg

足の付け根の違和感、膝の外側が痛い、膝が伸ばしにくいと言われる方は、案外太腿の外側にある腸脛靭帯が、問題かもししれません。

なかなか聞きなれない筋肉ですが、腸脛靭帯の問題で、膝の外側の痛み、0脚、股関節、足首の痛み、腰痛、お尻の痛みなどに大きく影響することがあります。

特に膝痛や腰痛などでお越しいただいたお客様で、腸脛靭帯が痛いと言われ、その靭帯を緩めると、症状が改善されることがあります。

全てが腸脛靭帯の問題とは言いませんが、太腿の外側にある部分が硬い方は、一度緩められる事をお奨めします。

腸脛靭帯を正確に捕らえる難しさと、緩めるのに粘り強く施術する事が必要ですので、一度観空庵に来られてみて問題はないか調べて頂ければ幸いです。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_18365372.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-10-04 18:39 | 整体 | Comments(0)  

日常の姿勢(屈み編)

b0165233_1621287.gif


朝起きて洗顔などで、屈んで背を伸ばす時に腰を痛める人がおられます。

何故、そのような事が起きるのか?

それは、長時間同じ姿勢をとる作業や、寝不足などが重なり、背中・腰の周りの筋肉が緊張し硬くなって、腹筋が弱くなっていると、体の筋肉のバランスが崩れ、腰痛の元になります。

酷い場合には、ぎっくり腰にもなります。

腰は 背筋群と、腹筋群で支えられている為、両者のバランスが大切なのです。

それでは、どうするか?

足の裏側の力を抜いて、少しだけ膝を曲げる事により腰の筋が緩みます。

逆に言えば、腰の筋肉が緊張していると、足の裏の筋肉は、うまく力が抜けにくくなっています。

膝を曲げて力を抜くのではないので、意識してみてください。

毎回、腰を守る為に足の裏の筋肉を抜いて膝を曲げ屈むようにして、腰を守るのは大変です。

早めに、観空庵にお越し頂き、原因である腰の筋肉の緊張をとられる事をお勧めします。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1632041.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-29 16:04 | 整体 | Comments(0)  

肩の固い人は、五十肩になりやすい。

b0165233_1942834.gif


肩の周りが、ミシミシ・チクチクして、腕が上がらなくなるのが「五十肩」、正式名「肩関節周囲炎」です。

五十肩といっても、最近は、30代からこの症状に悩む人も増えています。

肩、背中がダルイと思われる方は、鏡を見ながら、両腕の指先を天井に向けるように両腕を挙げてみてください。その時点で、指先が天井に向いておらず斜め前にある人は、「五十肩予備軍

」です。

五十肩を引き起こす原因の一つには、、デスクワークが多く、運動やストレッチをしないことが挙げられますが、そういう人は、体の前ばかりの筋肉を使う事により、肩が前に寄ってしまい胸椎

の歪みが生じ、首こり・背中こりなどが起こります。

それに伴い、前側の鎖骨やその筋肉に悪影響を生じ、さらに鎖骨と胸骨の関節が硬直してしまいます。

このような状態となってしまうと、肩の関節の動きが制限され、周りの筋肉が必要以上に頑張ってしまい、筋肉がオーバーヒートして、炎症が起こっていしまいます。

五十肩になると、着替えや仕事が不便なだけではなく、完治に暫く時間がかかります。

また、安静にして炎症が引くのを待つだけでいたら、関節の動きが更に悪くなってしまう恐ろしい病気です。

このような状態になる前に、少しでも、首こり・背中こりがあれば観空庵にお越しください。観空庵では、問題となる筋肉を緩めるだけではなく、予防運動や生活における正しい姿勢やストレッ

チの方法もご用意しております。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1961230.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-25 19:07 | 整体 | Comments(0)  

肩こりで、肩を何も考えず叩くのは良くない。。。

b0165233_16193736.gif


「肩がこって、辛い」と言われて来院される方のほとんどは、肩の筋肉の深い部分が凝っています。

判りやすく言うと、肩の奥の筋肉が硬直しているのです。

関連付けられる筋肉は、肩甲骨から首の骨につながっている筋肉です。

首の骨がずれていたり、ストレスのかかる姿勢などを続けていたら、その筋肉は、張りつめます。

自分でコリをほぐそうとして、力任せに叩いたり、揉んだりすると、その時には、筋肉を包んでいる筋膜が緩んで楽になりますが、時間が経てば強い刺激のため筋組織が痛み、かえって炎症が広がります。

刺激を受け続けた筋膜は、硬く分厚くなり 次にはもっと強い刺激でないと効かなくなります。

以前来院されたお客様で、強く押さないと満足されない方がおられ、よく聞いてみると、前に行かれていた整体は、強押しで、受けた後日は、もみあたり(だるさと痛み)が出るとの事でした。

観空庵では、筋肉・筋・筋膜の関連を重視しながら、痛くないソフトな施術をおこないます。

シルバーウィークで、観光、里帰り、帰郷される方のお相手などで、連休明けには疲れが溜まっておられる事でしょう、その時には観空庵にお越しください。

お待ちしております。

観空庵は、連休中でも営業しております。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ



b0165233_16245270.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-21 16:27 | 整体 | Comments(0)  

足首の歪みの影響で、背骨や骨盤が歪む。

b0165233_18125949.gif


商売上、注意深く後姿を見ていると、バランスの悪い状態で立たれておられる方が多いのに驚かされます。

特にヒールの高い靴を履いている方は、ヒールが内側、外側に倒れこんでいるのは当たり前のように多く、ひどい例では腰からヒールまでのラインが「くの字」になっている方もおられます。

そのタイプの人は、得てして足首が歪んでおられるか、足首関節が非常に硬くなっています。

そういった方の特徴は、靴やヒールの足底の片減りが激しく、冷えや足のむくみ、だるさを訴えられる例が多く見られ、施術中に本人の自覚が無くてもアキレス腱が膨れ上がり、足首のくびれがなく、ふくらはぎも含め皮膚温度が低下しています。

足にかかる重心が内側や外側にかかると、外反母趾やその反対の内反小趾となります。その対策としてサポーターなどのグッズがありますが、大元の足首の骨格を整えなければ改善される事はありません。

観空庵では、体の歪みに対し、骨盤などを整えるだけではなく、足首も調整することがあります。
また、足裏マッサージのコースがあるのもその一環です。

足首をしっかり調整すれば、全身の緊張が緩み、頚椎や、骨盤まで綺麗に整う事例もありました。

足首は、骨盤や背骨に深く関わっています。足首が歪んていたり硬い人は、足先、足首の靭帯が硬直しており、内くるぶしの下の方には、コリがあります。

まずは、凝り固まった足首をほぐしましょう!

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_1814937.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-19 18:15 | 整体 | Comments(0)  

お子様を見守りながら♪

b0165233_17492887.gif


観空庵では、

小さなお子様を 見守りながら

施術を受ける事ができます。

その為に、移動用ベビーベッドを ご用意しております。

b0165233_1749958.jpg


少し大きくなられて、寝返りなどされるお子様には、

子供好きのもう一人のスタッフが、

施術中 絶えず、

お母様の見える所で お相手させていただきますので、

ご安心して 施術を受ける事ができます。

お子様連れでも、ご遠慮なく お越し頂ければ 幸いです。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_17503718.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-18 17:56 | 整体 | Comments(2)  

痛みは、自分で治す気持ちで。

b0165233_1995054.gif


痛みに限らず、病気はその人が持っている自然治癒力が治すものです。

医師、薬などはそれを手助けしているにすぎません。

また、治療を受けているときに患者さんに「自分は病気を治す!」と強い意志があると治療効果が倍増することは、これまでさまざまな臨床報告で報告されてきています。

こういう言い方をすると、なにか胡散臭いように感じられますが、同じ病気で同じ治療を受けていても、自分の症状について詳しく理解して自分は絶対治ると信じて治療を受けている人の方が回復が早い例はたくさんあります。

勿論、医療機関などで治療しなければ出来ないものもあります。

しかし、自宅などで関連する筋肉を鍛えたり運動したり栄養のバランスが取れた食生活を送る事も立派な治療のひとつだと思います。

観空庵では、お困りの症状に対して問診し、施術方法をお伝えし施術に望みます。

施術中には、自然治癒力を増して頂く為に、コリや、関連する筋肉などに対して意識してもらいます。

必要なら負担のない運動療法も取り入れています。

自宅などで関連する筋肉を鍛えたり運動することがわからない場合、観空庵にお越しください。あなたに合った方法をお伝えしたいと思います。

また、自宅で一人でするのは、ちょっと難しいと思われる方は、私たちと一緒に行う事も出来ます。

かっこよく 例えるなら、貴方の個人トレーナーかな??

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_19123911.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-13 19:15 | 整体 | Comments(0)  

筋肉の疲労は大敵!

b0165233_19211474.gif


筋肉を使いすぎたり、同じ姿勢をとり続けると、筋肉だけではなく、体全体の損傷につながります。

筋肉疲労は、年代別・男女別に特徴があります。

思春期の男性では、男性jホルモンが活発になると骨よりも筋肉の強度が高くなり、筋肉が骨を引っ張る状態となり、疲労骨折が多くなり、スポーツをする高校生などでは、剥離骨折が多くなり

ます。

成人になると、骨格が完成し、骨の強度が筋肉と拮抗するので、運動性の疲労が溜まると、筋肉が痛みやすくなり、靭帯損傷や肉離れを起こしやすくなります。

中高年になると、筋肉は弱まり弾力も失われて、腱の断絶(アキレス腱など)を起こしやすくなります。

60歳以上になると、筋力も骨も弱くなるので、骨折を起こしやすくなります。

女性は、男性と比べて筋力が少ないので、腰痛より肩こりの方が多く見られます。

勿論、この事は発症しやすい特徴であって、全ての人があてはまるとは言えませんが、筋肉疲労の特徴を知っておく事も大切だと思います。

(*^。^*)

広島ブログ

松林整体観空庵のホームページ

b0165233_19221732.gif

[PR]

by kankuuan | 2009-09-08 19:25 | 整体 | Comments(0)